ライターの在宅バイト

在宅バイトで稼ぐためには

パソコンを使った在宅の仕事の中で、「ライター」はもっともポピュラーな存在だといえるでしょう。比較的誰でも行うことができ、案件自体も見つけやすいのが「ライター」です。ライターといっても、すべてが雑誌などの記事を書く仕事とは限りません。インターネットを通じて見つけることができるライターの案件のほとんどはWeb上に何らかのカタチで掲載される記事になります。不思議に感じられるかもしれませんが、それは「ブログ」であったりするのです。

インターネット上で情報を発信するということの目的はさまざまです。「誰かに何かを伝えたい」ということももちろんあるのですが、それを「仕事」とするためには「収益」が必要です。ただ、インターネットで誰かにその情報を見てもらうだけでは「売上」とはならないのです。そのため、大手のポータルサイトやニュースサイトなどは「沢山の人に見られる」ということ理由に運営するホームページの「スペース」を「広告」として販売することがあります。そのようにして収益を上げようというのです。

ですが、それは個人や小規模なサイトではなかなか実現できるものではありません。
そこで小規模のWebマスターが検討するのが「アフィリエイト」です。アフィリエイトは特定の商材を宣伝し、所定の「アクション」にユーザーを誘導することが出来ると「報酬」が発生する広告の「仕組み」です。Webサイトで収益を上げることを考えた際、誰でも参入でき、サイトの規模に関わらず勝負できるフィールドでもあります。
実は、この「アフィリエイト」のための「コンテンツ」を作成するための仕事が沢山インターネット上に転がっています。Webライターとしてのスタートは、そのような案件からはじめることが多いのです。指定されたテーマにしたがって、SEO的にも優秀で、且つ閲覧したユーザーにアクションを起こしてもらえるような記事を書くこと。それがある意味Webライターとしての基本であり、「誰かが見ている」ということと、「このコンテンツには目的がある」ということを理解するための第一歩でもあります。

「ライター」とは「文章を作成する人」のことです。私たちは日頃から「文章を書くこと」を当たり前のように行なっています。とくにスマホや携帯でのメールや、仕事上のメールなどもそうです。それらのすべては「何かを誰かに伝えること」です。しかし、ライター経験のない人のその行為は「相手が誰かわかっている」文章です。ライターの作成する文章はそうではありません。「誰が読むかわからない」のです。しかし、「伝えたいことはある」はずなのです。

姿を見たこともない複数の人に対して、同じ事を伝えたい。それは「パワー」の必要なことです。試しに、何かを伝える文章をさまざまな人に読んでもらいましょう。受け手が10人いれば、10通りの受け止め方がある、ということではいけません。自分にしかわからないような言葉であったり、専門的すぎる用語を多用していたりすることは、決して「カッコイイ」ことではありません。コンテンツの目的にもよりますが、ライターは万人に対して同じことを正確に伝える仕事です。そしてそれは続ければ続けるほど、磨かれていくスキルなのです。

MENU