なぜ在宅なのか

在宅バイトで稼ぐためには

在宅で働くことを考えている人は、なぜ出張らず、在宅で働く必要があるのかを考えましょう。その理由によっては、「長続きしない」ということも考えられます。「在宅でなければいけない」または「在宅での仕事を追加する」理由をしっかりと自分の中で噛み砕いておいたほうがいいのです。例えば家族の介護でどうしても家を離れられないという人、そして自分自身の体が不自由なのでどうしても普通の仕事はできないという人、あるいは「すでに他の仕事に就いているがその収入だけでは足りない、もっと稼ぎたい」という人もいるかもしれません。どのような理由であれ、在宅バイト、在宅での仕事は枠に縛られない自由な働き方になります。「自分が自分をどう縛るか」ということに尽きるといっても過言ではないでしょう。しかってくれる上司はおらず、自分で自分を律して、「ここからここまではキッチリとやるんだ」という意志がなければ、なかなかはかどらないものです。

「自由なカタチ」の働き方であるものの、その仕事のすべてが楽しいわけではないと思います。在宅でできる仕事にもさまざまなものがありますが、自分が「楽しい、やりたい」と思うようなものばかり選ぶようでは、なかなか「数量」がこなせない可能性があります。そしてその場合の「数量」はそのまま「収入」に繋がってしまうのです。なんのために在宅で働くのか、明確でなければそのような事態に陥ってしまうでしょう。「とりあえずやっているが、ぜんぜん儲からない。所詮こんなものか」という感覚をいだいてしまうかもしれませんが、それは「こんなもの」と諦めた瞬間にそうなります。在宅での仕事は自分をマネジメントしながら行うものです。自分が「ここまで」と決めればそれが上限になりますが、「せめてこれくらいは」というラインがなければ今度は「仕事が全くない」という事態も招く可能性があるのです。

在宅で「その仕事を」やらなければいけない「理由」、それはそのまま「モチベーション」につながるのです。「モチベーション」は自分を発奮させて、仕事の効率を上げる最大の武器です。同じ仕事をしようにも、モチベーションの有無でそのスピード、そして精度は雲泥の差になることも多々あります。ですから、なんでもいいのです。その仕事の「理由」を定めておかなければ、「面倒」と感じた瞬間にやめてしまうかもしれないのです。理由を「収入」においても構いません。「この金額は絶対に稼ぐ」という風に決めれば、その分だけはキッチリやれるようになるのです。やがて慣れてくれば、もっと稼ごうとか、今度は違う分野に挑戦してみようとか、また新たな考えも浮かんでくるものです。

大切なことは「その仕事、そのスタイル」に理由を持つことです。「なぜ」と聞かれて明確に答えられるように、常に自分の軸として持ち続けることが大切です。誰にも縛られない働きかたであるからこそ、自分で自分を縛らなければいけないのです。そのように自己を律する「セルフマネージメント」は、案外「会社員」のような組織人ではその能力がない人もいます。組織や上司に流されていればとりあえず稼げるという人であれば、そんな能力がなくても働けてしまうからです。自分を律することはとても大切なことであり、その先の武器になるはずです。

MENU