WEBページ制作の在宅バイト

在宅バイトで稼ぐためには

パソコンを使った専門的仕事のなかに、「ホームページをつくる」というものがあります。いわゆるWebデザイナーという仕事になります。私たちが普段目にしている「ホームページ」は、そのカタチにレイアウトするために専門的なコードが羅列されています。それはWebページを閲覧するための「ブラウザ」というソフトが「Webページ」としてそれを判読できるために定められた一種のプログラムのようなものです。文字の大きさ、レイアウト、読み込む画像など、Webページを作成することは一つの職業として成立するほど、専門的なことです。

Webページ制作といっても、2つの段階があります。「Webページをデザインする」ということと、「WebページをWebページとして”コーディング”する」ということです。「コーディング」とは、デザインとして掲げられているレイアウトを実際にブラウザで読み込めるカタチにまとめあげることです。さらに細かくいうと「HTMLファイル、そして一連のデータ階層などをまとめあげる」ということです。

WebコーディングとWebデザインは、同種のようでいて違う仕事です。デザインは人が見やすい、人に伝わりやすいレイアウトを考えることを主としているのですが、コーディングはそれらを寸分違わぬカタチで実際のWebページに落としこむ仕事になります。Webページに対する専門性でいけば、コーディングをする人、いわゆる「コーダー」の方が必要な知識が多いでしょう。Webページのデザインなどは、現在ではある意味「定型化」したものです。Webページとしてのトーンマナーも一定の法則があるので、「Webデザイン」はスキルや知識はあまり必要でないでしょう。もちろん、販売などビジネスを前提としたWebサイトであれば、その転換率などを引き上げるための「最適化」が必要ですから、決してデザイナーが軽んじられるということではありません。

Webのデザインにおいて使用されるソフトは状況によって変わりますが、AdobeのIllustratorであったりPhotoshopであったりする事が多いです。それらで作成したデザインデータは、だれでも見ることができるように「PDF」という形式のファイルで納品することが多いでしょう。そしてクライアントはそれに対するリテイク要望がなければ、「コーディングして欲しい」と、自然な流れで要求するでしょう。

つまり、「Webデザイナー」であったり「Webの制作をやっている」ということは、デザインからコーディングまでまとめて引き受けることができると捉えられています。案件としても「デザインだけ」というものは少ないでしょう。比較的多く見られるのは「用意したデザインをコーディングしてほしい」というコーディングのみの案件です。それは提供されたデザインデータを正確に、忠実にWebページに落としこむ作業になります。現在では「ブラウザ」はさまざまありますので、各ブラウザで表示に齟齬がないようなコーディングが求められます。

Web制作のスキルとは、デザインや構成を提案出来る能力と、それを具体化出来る技術力に尽きます。一つのWebサイトの案件をさまざまな外注先に委託するのは少し大変ですから、なるべく一箇所で済ませたいものです。スキルを磨き、知見を広げれば広げるほど、あなたの制作者としての「需要」は高いものになるでしょう。

MENU