トライアル期間はあって当たり前

在宅バイトで稼ぐためには

インターネット、あるいは知り合いのツテなどで、あなたの条件にマッチした案件を獲得できたとしましょう。ですが、相手はやはり不安です。「実働するとクオリティが落ちるのではないか」という不安です。そのため、やはり「試用期間」のようなものが設定されることはあるでしょう。それは仕方のないことです。あなた自身は「余裕でこなせる」と考えていたとしても相手が「実際はどうなのだ」と不安になっているのだとしたら、それはもはや「仕事見せて安心させる」しかないのです。 トライアル期間は別の意味も持っています。どのような分野であれ、その分野に精通していたとしても、その案件に馴染むためには時間がかかります。同じライティングの仕事でも、案件が変われば必要になるポイントが変わるのです。例えばSEOを重視した案件であれば、ターゲットとなるキワードを何回埋め込む、といった具合にクライアントが規定している場合も多いです。むしろ、自由にできる案件などは稀有でしょう。

トライアル期間はその案件の「要件」に沿った仕事ができるように、「トレーニング」する期間と捉えてもいいかもしれません。クライアントもその期間は特に検品を密にし、仕様とことなる場合は添削を入れたりするものです。その期間はクライアントも余分な労力がかかっていることを忘れてはいけません。その先の安定的な生産を見越した上で、あなたという人材に案件に適するように理解してもらおうとしているのです。

ですから、それに応えるためには一日でも早くその案件の趣旨を理解し、期待通り、期待以上の成果物を揃える必要があるでしょう。それは単価の高い、低いには関係しません。条件などは取引を開始する前に双方で納得したものであるはずです。ですから、添削やリテイクが多いからといって「割に合わない」と考えてはいけません。最初から完璧なクオリティのものは作れるわけがないからです。それは相手も承知しています。ですから、仕事が安定軌道に乗るまでは、時間的にも手間的にも少しロスすることは当たり前です。

長期継続を前提とした仕事に引き受け方をした場合、最初のその手間がその先のクオリティにつながります。同じ案件を長期で引き受けることはさまざまなメリットがあります。まずは自分自身でどんどんブラッシュアップして、仕事のスピードや精度を上げていくことができるということが挙げられます。そして信頼できる取引先と、安定的に仕事を続けることができれば、そもそもの「案件を探す」というロスタイムが発生しないのです。

案件を探している時間、その手間に関しては、もちろん報酬などは発生しないのですから、いち早くクライアントを見つけたいものです。ですが、なかなかそれがうまくいかない場合、ロスした時間はそのまま「収入」に置き換えることができるでしょう。効率化してどんどん案件を引き受けたいものですが、なかなかはかどらないということもしばしばあるものです。ですから、継続的な案件を引き受けることをオススメしたいのです。
長期的に、安定的に仕事を続けるためには、トライアル期間を惜しんではいけません。その期間がその後の安定稼働を作り上げるものなので、真摯に、誠実に向きあいましょう。

MENU