「仕事」をもらうためには

在宅バイトで稼ぐためには

在宅のバイトや副業では、その仕事量は自分で調整する必要があります。会社とは違うので、誰も「与えてくれる」ものではありません。それは仕事の「取り方」によります。在宅、または副業で働くためにはまず仕事を「発注してもらう」必要があります。新しいことを始めようと決めたとしても、じっと待っているだけでは間違いなく仕事は入ってこないのです。

仕事を委託してもらうためにはさまざまな方法があります。一番わかりやすいのは、「ツテ」です。知り合いなどに相談し、その人の人となりなどに仕事を発注してくれる人がいないかどうかを探すのです。そのように誰かが「媒介」として入っていると、お互い安心して取引ができるというものです。仕事上でもっとも大切なことは、「相手が信頼できるか」ということです。それはなにもクライアントからみた「あなた」ということだけではなく、あなたから見た「クライアント」ということも含まれます。

仕事には労力が発生します。仕事を引き受けると、その成果物や作成物などに対して報酬が発生します。仕事をし、納品したのであれば、その「対価」を支払ってもらう権利があるのですが、一部の悪徳業者などはそのような支払いを理由をつけて拒むようなことがあります。すると、仕事をした分だけ、納品した分だけ焦げ付くことになり、納品したこちら側は「損」をすることになります。一方、在宅ワーカーを探している方はその人材がしっかりと期待通りの働きが出来るのかどうかを見極めたいものです。作成物などのクオリティが、しっかりと要件通りになるのかどうか、ということです。

仕事を発注する、仕事を受ける、というシンプルな関係は、そのような「信頼」が大前提となるものです。信頼されなければ仕事はもらえません。クライアントは相手を信頼しなければ発注しないからです。

仕事を紹介してもらうための「ツテ」がない場合、自分で案件を探すしかありません。その際にもやはり「信頼」が大切です。それは言葉で語るようなものではなく、作成物の例を示すことが一番わかり易いです。在宅ワーク、副業においては、何かを「作成」するという案件が一番多いと思います。どのような分野であれ、自分自身のそれまでの「実績」を紹介できれば、それがあなたの実力を示すものになります。

そのような実績の例がない場合、あらかじめいくつか用意しておくのがいいでしょう。自分自身を売り込む、いわば「営業」です。サンプルがなければ相手は判断がつかないのです。そのサンプル自体には単価はつきませんから、作成するにもなかなかモチベーションが上がらないかもしれませんが、今用意しようとしているサンプルが後にあなたに「仕事」をもたらすと考えれば、苦にはならないはずです。

サンプルはなるべく複数、それも違ったアプローチのものがいいでしょう。案件を探す際には、それがあなたの仕事のクオリティを指し示す指標になりますから、極力丁寧に作成しましょう。いわゆるWeb上だけで取引が開始されるような案件の場合、それが唯一の、先方が発注先を選ぶ指針になるのです。ある意味、履歴書などよりも重要なものですから、しっかりと作りこんでおきましょう。

MENU