主流はパソコンを使う在宅バイト

在宅バイトで稼ぐためには

在宅バイトの主流は、やはりパソコンとインターネットをフル活用したものでしょう。それは何も「在宅」専門に行うことでもなく、パソコンと環境があれば誰でもできることから、サラリーマンなどの「副業」の手段としてもポピュラーなものです。そして一言で「パソコンを使って」といっても実にさまざまな種類の仕事があります。そのまま「独立」して個人事業として拡大することもあり、現代の「仕事」はパソコンとインターネットなくしては成立しないといっても過言ではありません。

仕事でパソコンを使うとなると、その「スペック」が気になるところです。単に「パソコン」といってもその種類はさまざまです。デスクトップ型なのか、ノートなのか、OSはどうすればいいのか、などです。あまりパソコンに詳しくないような人は、「仕事用に選ぶ」となってもピンとこないのではないかと思います。

ビジネスで使用する端末を選ぶ際には、さまざまな面で「互換性」を考える必要があります。まず基本的な連絡手段としてのEメールが相互に読めること、それは大前提です。どのようなタイプの仕事をしようとも、パソコンを使用した仕事である以上、Eメールが基本的な連絡手段になります。どのようなパソコンでもEメールは基本的に開通するはずなのですが、実はOSによって文字化けが生じることがあります。それが「WindowsとMac」の致命的な問題です。基本的な日本語やアルファベットであれば、まず問題はないのですが、よく発生するのが添付ファイルでのトラブルです。ファイル名が文字化けしてしまい、ファイル自体が開けないということがよくみられます。

やはりパソコンを用いて仕事をする際は、「Windows環境」を整えることが無難でしょう。そうすればメールが判読できない、添付ファイルが壊れているなどということは起こらないはずです。

そして、日本のビジネスでもっとも広く使われているソフトがあります。それは「Microsoft Office」です。WordやExcel、そしてPowerPointなどです。少しでもこれらのソフトを耳にしたことはないでしょうか。日本だけに限らず、世界中で広くビジネスシーンに取り入れられているソフトとなっています。それは業界問わず、です。ですから現代のビジネスの「常識」では、ExcelやWord、PowerPointをメールに添付すれば、「相手はそれを開いて参照することができるだろう」ということになっています。

ですが少し困ったことに、これらのMicrosoft Officeソフトは「値段が高い」のです。会社で働いたことがある方は、Officeソフトは当たり前の存在だと思うのですが、個人で導入するには少し値が張るものです。そこで、オススメしたいのはオフィスソフトと互換性をもったソフトの導入です。具体的には「オープンオフィス」というソフトや「キングソフト」というところのオフィスソフトです。これはMicrosoftのOfficeソフトとの互換性をもった、「違う」Officeソフトです。ですがExcelやWord、PowerPointといった形式のソフトでも問題なく使うことができ、読み込みも書き出しも可能です。例えばEメール上でそれらのファイルをやりとりしたとしても、相手がこちらがMicrosoftではないと気づくことはまずありません。

MENU