「無理」はしないことが続ける秘訣

在宅バイトで稼ぐためには

在宅バイトや副業を考える際、もっとも意識しなければいけないのは「続けられるかどうか」ということです。はじめたばかりの頃は少し気も張っています。「締め切りがある」という状況を体験したことがない人は、とにかく焦ってしまうかもしれません。ですが、どのような仕事、どのような案件、どのような作業も、「続けていれば終わる」のです。

「収入を上げたい」という希望で在宅バイトを始めた際は、その「希望」がモチベーションになります。モチベーションがあれば仕事を続けることができます。ですが、在宅バイトや副業などで一人の方が稼げる金額はそう多くはありません。時間の使い方にもよりますが、10万円も稼げれば良い方なのではないでしょうか。ですから、「少しずつベースアップするんだ」という意識で、徐々に慣らしていくことが大切です。一度に沢山の案件を抱えて、パンクしてしまうと、「辛い記憶」しか残りません。そして、もし案件を消化出来なければ「クライアント」に迷惑がかかるのです。

仕事を「続ける」ために一番大切なことは、「無理をしない」ということです。自分が自然とこなせる量だけを請け負うことが大切です。在宅バイトや副業では、なかなか自分で「区切り」がつけられません。締め切りが迫っていたり、予定よりも進捗が遅れてしまっていると、昼夜を問わず、寝食を忘れてとりかかってしまうものです。ですが、そのような働きかたには「限界」があるのです。常にそのペースでは働けません。一時的に大量にこなせたとしても、また同じ量の案件を同じ納期で引き受けてしまうと、その「無茶」をもう一度繰り返すことになるのです。

人にはそれぞれの「ペース」があります。「無理をしない」という「さじ加減」は、当人しかわからないものなのです。在宅バイトや副業は、「自分との戦い」ともいえるのです。例えば「土日祝日はやらない」とか、通勤時間帯だけを利用するなど、ある程度の「線引き」をしておかなければ、気持ちも体力も参ってしまうでしょう。そうなると、そもそもその仕事を「続けられなくなる」のです。
なんでも同じことなのですが、「続けることにのみ意味がある」のです。

自分のペースでは、毎月の収入を少ししか増やすことはできなくても、「やらない」よりは確実に稼いでいます。一つの案件、単月の収入を考えてみるとわずかな金額かもしれませんが、それが積もり積もっていけば、結構な金額になっていくものです。途中で振り返ってみると、明らかに簡単には補填できない金額になります。仕事とは簡単ではないことが多く、収入を得ることも同様なのですが、少しずつでも「続ける」ということが大切なのです。

在宅バイト、副業理由が何であれ、まずは継続することを前提に考えましょう。やろうと思えば、いくらでも時間をつぎ込めてしまうのがこのタイプの仕事です。寝食を忘れて没頭するようなことが続けば、必ずどこかに「歪み」が生じるものです。その歪みが積み重ねられると、体を壊してしまうなど、本業や生活に支障が出てしまうかもしれません。そうなってしまっては続けられなくなってしまうかもしれないのです。在宅バイトのせいで、出来なくなることがあってはいけません。ワークライフバランス、それがもっとも重要です。

MENU