イラストレーターなどの在宅バイト

在宅バイトで稼ぐためには

パソコンを使った仕事といえば、「専門性の高い仕事」ばかりなのではないかと捉えてしまいますが、実際はそうではありません。経理・総務・人事などといった職種でもパソコンは当たり前のように使うものです。ですが、もちろん「専門性の高い仕事」もあります。

それら専門的な仕事の一つに「イラストレーター」があります。文字通り、「イラストを作成する人」のことです。この仕事は、そのスキルがある方にとっては個人で展開しやすい職種です。カタチはシンプルで、「オリジナルイラストが必要だ」という人や会社の要望を受け、イラストを制作し、その対価を得るのです。

いわゆる「単価仕事」ということになるのですが、個人的に展開する仕事の基本は「単価」です。一点いくら、そしてその「一点」がどれだけの時間でできて、その作業のために確保出来る時間はどれくらいなのか、それが大前提であり、「あなた」という制作リソースの「生産性」です。月間でどれくらいの制作が可能なので、収入は「これくらいになる」ということが、大枠としての「計画」ということになります。

ここでいう「イラストレーター」とは、「パソコンを使ってイラストを作成する人」を基本的には指しています。ですが、案件によっては手書きがよかったりすることもあるかもしれません。デジタルでも描くことができるし、リアルでも描くことができる。またその描いたものをデータとして先方に納品することができるということが、そのイラストレーターの「幅」ということになります。依頼元からすると「何が出来るか」ということの幅が広い方が、重宝するのではないでしょうか。

「イラストが描ける」という人は探してみると案外多いものです。専門的にイラストを勉強したという人はもちろんですが、そうではない人でも「趣味でデジタルイラストを書いている」という人は多いものです。ですが、「イラストレーター」で個人的に仕事を展開したいのであれば、そのような人たちが共通して使っている「Illustrator」というソフトはまず必要になるはずです。それは「Adobe」というメーカーが開発しているイラスト作成の専門ソフトです。デザイン業界やWeb業界では標準とされているソフトです。納品時の条件にも、そのソフトの形式で納品することを求められる局面が多いでしょう。

つまり、ここでいう「イラストレーター」の条件とはイラスト作成のセンスなどはもちろんのことですが、これらの「ソフト」を自在に操れるということも含まれています。いわゆるDTPというものです。イラストレーターとして仕事を受け、少しずつでも仕事がしてみたいのであれば、この「Illustrator」、そして「Photoshop」などのスキルはまず必要になるはずです。

そして大切なのは「納期」を守れるかどうかです。相手も目的、理由があってそのイラストを発注しているので、あなただけのペースでは仕事は進められません。相手のニーズにあったイラストレーターとして活躍したいのであれば、まずは「納期」をきっちりと守るということを完遂しましょう。それが基本的な「プロ意識」であり、最低限のビジネスマナーでもあります。

MENU